2018年もお世話になりました【和室6畳インテリアコーディネート】

この記事は約3分で読めます。

※この記事は2018年に書いた過去記事を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師・お守り装身具作家の弥々です。
今日は12月31日、2018年最後の日!
今年もあっという間に時間が過ぎて年末を迎え、
今日もいつも通りの一日を過ごしていたら、
あっという間に時間が過ぎて、あと1時間で新年を迎えるところです。

日本国民の年末の大イベントの一つと言えば…大掃除!
もちろん私も先週からクリスマス前後にかけて、部屋の掃除や荷物整理をやりました。

2018年末の弥々の自室の和室1
2018年末の弥々の自室の和室
2018年末の弥々の自室の和室2
2018年末の弥々の自室の和室



写真は大掃除&模様変え後の、私の自室兼仕事部屋です。
部屋の模様変えや自分好みのインテリア家具をそろえるのも、私の趣味の一つです。

見ての通り、砂壁仕様という昔ながらの和室なので、
家具やインテリアも「和レトロ・和モダン風」をテーマに、
今年一年かけて色々と買い揃えてきました♪

2018年末の弥々の自室の和室3
2018年末の弥々の自室の和室



椅子いすに座り疲れた時は、こんな風にテーブルを出して、
座布団ざぶとんいてパソコン作業したりしています~。

リサイクルショップで購入した木の折り畳み椅子と、緑の座椅子(2018年末)
お気に入りの折りたたみ椅子と座敷椅子



こちらの椅子はシンプルなデザインがちょうど良い木製の折りたたみ椅子と、
緑の葉の模様がカーテンの色と同じで、部屋の雰囲気に馴染む座敷椅子ざしきいす

長時間、椅子に座り過ぎても腰を痛めるし、
たたみの上で正座や胡坐あぐらで座り過ぎてもひざを痛めるので、
この二つの椅子を使い分けて作業しています。

椅子のデザインに関しては結構こだわって探して、リサイクルショップで購入しました。
意外とこの様なシンプルなデザインや馴染なじみやすい色の椅子って、
(特に折りたたみ椅子は)なかなか無いんですよね。

なので2つ共、見つけた時は一目惚ひとめぼれで購入しました♪

2018年末の弥々の自室の和室4
2018年末の弥々の自室の和室


こちらのオレンジのクロスが付いてるたなは、実は母の実家で昔から使われてきた物です!
およそ30~40年くらい前に祖父が作った棚で、いわゆる祖父の形見。
この収納棚はキャスターが付いていて移動がしやすいので、かなり重宝しています。

集中して作業したい時は、こんな風に棚の向きを変えれば、
個室の様なスペースも作れるので、使いやすくてありがたい(^^)



ちなみに2018年の夏は、こんな感じのお部屋でした 。

2018年夏の弥々の自室の和室(作業中)
2018年夏の弥々の自室の和室


これはこれで機能的で使いやすかったのですが、テーブルが横に長いので邪魔でした。
それに比べて今回の模様替えは、家具と部屋の間取りや空間を上手く利用して、
機能的な部屋に出来たので大満足!これで心置きなく年越し出来ます♪

2018年の振り返り

今年2018年は、私にとって仕事面で人生の大きなターニングポイントとなった一年でした。
ちょうど一年前の2017年11月~12月は、仕事や恋愛、家族や友人関係などで、
気が滅入る出来事が重なって気力も体力も落ち込む中で、今年2018年の新年を迎えました。

そこから半年間程は2017年の出来事を心理的に引きずってしまって、
気持ちの切り替えが上手く出来ず、色々とくすぶり続けていました;
そうして時間が過ぎていく中で、今年の夏に我慢の限界に達した出来事を機に…

「いい加減に人の都合ばかり優先してないで、
自分がやりたい事をやらないと自分自身が壊れる!ダメになる!」


…と思って動き出した矢先に楽天市場への出店オファーが舞い込んで、
今年9月に楽天市場のショップがオープンして…。

そこからは自分なりに色々と試行錯誤しこうさくごしながら作業を進めて、
行き詰まった時は休みながら、「これからどんな未来にしたいのか?」
を自分自身に問いかけて、未来の流れを視たり・創ったりして…今に至っています。


…こうして一年を振り返ると、やはり楽天市場への出店という出来事によって、
今年前半と後半では私自身の日々の過ごし方や意識は大きく変わりましたね~。

まだまだ色々と悩んだり迷ったりする事はあります。そんな時は…
「迷いながらも歩みは止めずに、とりあえず進んでみる。疲れたら迷わず休む!」
…というのが正解だと個人的には思うので、そんな感じで2019年も頑張ります!


それでは、皆様も素敵な年末年始をお過ごし下さいませ!
良いお年を~(^^)ノシ

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました