スカリフィケーションと蓮の花【心と体に生涯残り続ける最高のお守り】

この記事は約5分で読めます。

※この記事は2018年に書いた過去記事を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師・お守り装身具作家の弥々です。

先週11月8日は蠍座の新月でした。
今回の新月は1年に一回星座を移動する幸運や発展を司る木星や、
7年に一回星座を移動する覚醒や革命を司る天王星が
(今年5月に牡牛座入りしたけど逆行して)再び牡羊座入りしたりと、
この新月前後の日は占星術の世界では、ちょっとしたお祭り騒ぎになった星回りだそうです。

そんな星回りに乗じて…。

一応、占い師をしている私も蠍座の新月にあやかって、
常々「蠍座っぽいなぁ」と感じている、
好きなボディアートについて書いてみたいと思います!

ちなみに蠍座(の象意)とは、生と死、性、オカルト、
神秘、マニアック、アンダーグラウンド、情念、極限といった、
あやしい魅力漫才な分野を司る興味深い(と私は思う)星座です。

そんな訳で、私が蠍座っぽいと感じるボディアートとは…!
その名も「スカリフィケーション」です!

※以下に出てくる写真は刺激を抑えるために白黒写真ですが、
人によってはグロテスクに感じる写真の為、身体改造が苦手な方は閲覧注意!


私が蠍座っぽいと感じる身体装飾 -スカリフィケーション-



上の写真は…私の左半身に施術せじゅつしてあるスカリフィケーション。
スカリフィケーション」とはアフリカの部族間における風習がルーツの身体改造です。

上の写真4枚目の様に、刃物などを用いて皮膚に模様を描きながら傷を付けて、
その傷が治癒ちゆする過程において盛り上がりが生じる現象の、
「ケロイド(瘢痕はんこん)」を利用して人体に様々な模様を描く「ボディアート」の一種です。



スカリフィケーションは身体改造の中でも、かなりマイナーなアートです。
おそらく海外でもあまり知られていない様なので、施術している人自体も少ないらしい。

ましてや日本人(でしかも女性)が、こんなに広範囲に施術しているのは、
「見た事も聞いた事もない」と施術してくれた彫師さんが2012年当時に言っていました。

今現在でも日本人女性でこんなに広範囲にしているのは…
多分、私くらいなのではないでしょうか?笑

スカリフィケーションはタトゥーと同じで、
麻酔などの鎮痛剤は一切使わずに施術します。

なのでメチャクチャ痛い、激痛!です。
そして、半永久的に体に傷が残ります。

その様な面から外見的にも社会的リスクが何かとある為、
身体装飾全般に言えますが、自分の人生に責任が持てない方は、
ボディピアス・タトゥー含めて手は出さない方が無難です。

私がスカリフィケーションを知ったきっかけ

そんなマイナーな身体装飾「スカリフィケーション」を、
私が最初に知ったきっかけは…これ!



7年前に舌ピアスを施術してもらったピアッサー兼彫り師の方との交流を機に、
身体改造の世界に魅力と快感とインスピレーションを感じて、
ヘソピアスと埋め込み式ピアス「マイクロダーマル」を施術してもらったのがきっかけでした。

その後、ヘソ下ピアスとマイクロダーマルは排除はいじょされて傷痕きずあとが残ってしまったのですが、
逆にそのヘソピの傷痕を利用して模様を描けないかと思い立ち、

様々な身体アートを調べたところ「これだ!」
と一番感覚的にしっくりきたのがスカリフィケーションでした。


もちろん、身体改造の筆頭格であるタトゥーも視野に入れてましたが、
体にすみを入れるというのが感覚的に「違う、これじゃない。この感覚じゃない…」
という違和感があったので、あきらめずに調べた末にスカリフィケーションに辿り着いた次第です。

蓮の花を体に刻んだ2つの理由 -これも龍神とのご縁?-

新潟「白山神社」にある蓮の花
新潟「白山神社」にある蓮の花



ちなみに私のスカリフィケーションの模様は、トライバル調の「蓮の花」です。

蓮の花を選んだ1つ目の理由が、新潟に住んでいた子供の頃に(1~9歳)、
当時住んでいた家のすぐ近くにある「白山神社」でよく遊んでおり、
神社にはたくさんの蓮の花があって、その光景がやけに記憶に残っているからか、
蓮の花を見たり思い出すと…無性になつかしい気持ちなり、親しみを感じるからです。

2つ目は蓮の花言葉の意味が、私が目指す占い師像や人生観に当てはまる言葉ばかりで、
「自分もこんな風になりたい、こんな人生にしたい」と深く感銘かんめいを受けたからです。

ちなみに新潟の白山神社本殿に祭られている謎多き女神「菊理姫くくりひめ」は、
「菊理姫自身が龍神、もしくは白龍と関係が深い女神」という考え方があるそうです。

またある説では、封印された龍神とも言われる、
謎多き伝説の女神「瀬織津姫せおりつひめ」と同一だという説もあるそうです。

こちらの記事に書いた内容と合わせて、自分の人生を振り返ると、
新潟の白山神社近くに住んでいたのも、江ノ島で波乗りしに行っていたのも、
全て親の都合や趣味で、偶然が重なり合っただけとはいえ、
つくづく自分は「龍神との縁がある人生なんだな」と感心してしまいました。笑

スカリフィケーションに込めた私の願いと想い

ちょうど2012年当時は、様々なバイトを転々としながら占い師活動をしていたのですが、
なかなか思う様にいかず、現実的に考えると色んな事を諦めかけていた時期で、
「こんな弱気な気持ちじゃダメだ」「もっと自分を追い込まないと!」という心境や状況でした。

うつ病をわずらった事で、色んな意味で人生をめていた私にとって「占い師」という職業は、
「やっと見つけた夢中になれる好きな事」だったので、絶対に諦めたくはありませんでした。

しかし、そんな思いとは裏腹に「現実的には無理かも…」と思ってしまう、
弱くて優柔不断で迷いやすい自分に嫌気がさして、そんな自分を目にも見える形で変えたくて、

ボディピアスとスカリフィケーションをほどこす事で、気合いを入れて願掛けをすると同時に、
「職業的に後戻り出来なくする=必ず占い師で生計を立てる!」という意味と、
先程も書いた「蓮の花言葉の意味」も込めて施術した次第です。

自分の在り方を生涯忘れない最高のお守り

…こうして振り返ると過激というか、クレイジーな発想&行動だと我ながら思いますし、
占いやスピリチュアルと同様に人に理解されない分野なので様々な意見はありますが…。

個人的にはその甲斐かいあって見事に目標は達成出来たし、
身体装飾をした事で人生を変えられたので、
「想いを込めた意味ある身体装飾は美しくてとうとい」と私は主張したいです!

そして、この様な自分に対する過激さが、
私の占い師・お守り装身具作家としての核であり、アイデンティティでもあるので、
まさに私にとってボディピアスとスカリフィケーションは、
死ぬまで体と心に残り続ける「自分の在り方を
生涯しょうがい忘れない最高のお守り」です!

なかなかハードな内容でしたが…それでは、今日はこの辺で♪ 

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました