自分で心や魂の傷を癒す普通の方法【私が子供の頃からずっと望んでいた事】

この記事は約6分で読めます。

※この記事は2019年に書いた過去記事を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師・お守り装身具作家の弥々です。
最近の私は前回のブログでお知らせした通り、
約7年所属した占い館を2019年2月にようやく辞めて、一ヶ月以上が経ちました。

燃え尽きた心、うつなメンタル

辞めた直後の3月上旬は、私の中では「辞めたら一気に動くぞ!」と思っていたのですが…。
予想以上に自分の心と体は疲れ果てていた様で、
いざパソコンを開いてサイトやショップの編集をしようとしたり、
ブログ執筆や商品制作をしようとしても、
やろうと思った途端に頭の中が真っ白になってしまい、
何も出来ない状態が続いていました;
いわゆる燃え尽き症候群や、うつ状態といった感じですね;

「とにかく…ひたすら家の中で、のんびり過ごしたい」

なぜかは分からないけれど…。
やりたい事はたくさんあったはずなのに、
今はもう、そんな気持ちしかいてきませんでした。

そんな訳で…。

勇気を出して自分の心が望むままに期限を決めずに、のんびり過ごしてみる事にしました。
そうして、のんびり過ごして時間が過ぎていく中で、気付いた事がたくさんありました。

自分を知るというのは人生で一番難しい

今思えば、父が倒れて家庭環境が変わった15歳から今までずっと、
常に精神的に張り詰めた状況や環境で過ごしてきたので、
心の底から安心して、ゆっくり過ごした事なんてなかった事。

18歳の冬にうつ病を患った時でさえ…
「うちはお金が無いから何とか自分でお金を稼がなくちゃいけない」
「親に余計な心配や負担をかけちゃいけない」
…と無意識に思ってしまい、親や誰かに(とくに精神的に)頼りたい時があっても、
どうやって人に頼ればいいのか分からなくて、甘えられなかった事。

子供の頃から身内にしろ他人にしろ、人に頼られたり甘えられる事はあっても、
(私にも原因はあるかと思いますが)いざ自分が心身共に辛い時や悲しい出来事があっても、
労われるどころか、突き放されたり理不尽な扱いをされたり、逆に加害者扱いされたりと、
世の中の不平等さや人間の薄情さに嫌気がさして、人間不信を抱えていた事。

本当はお金や仕事、恋愛とか結婚とか将来の心配も、全てに対して何もしたくなくて、
ひたすら安心できる家の中で、ゆっくり休みたかった事。


…うつ病を患った時もそうだったのですが、
日々の出来事に追われてボロボロな状態になって初めて、
そんな自分にやっと気付けたのでありました;

うつ病は自分の限界を把握する事で防げる

こういう経験もあって、私にとっては「自分を知る」と言う事が、人生で最も難しいです。
自分の気持ちって良くも悪くも誤魔化そうとすれば、どこまでも誤魔化せるものだから。

10代とか20代の若い頃は(ちなみに今の私は30代です)、
自分の限界を知らないが故に無理が出来る時期でもあり、
限界の幅を広げていく時期でもあるとは思います。

ただ、今思うと…。
若さゆえに強がって、自分の弱音に素直になれなかったのが、
うつ病を引き起こした最大の原因だったのかも知れません。


そんな風に、客観的に過去を分析出来る様になった今では…

「自分は弱い!どうせ激弱よ!ついでに今は脆弱ぜいじゃく個人事業主よ!
でも、弱いという事は強くなれる可能性はいつでもある!
だったら、いっその事、開き直ってゆっくりと、
牡牛座なだけに牛歩ペースで強くなれば(=成長すれば)いい!」

…ととらえる様に過ごし始めてからは、他人の言葉や態度に振り回されずに、
自分の弱音に気付けて、ダメな自分でも許せるようになりました。笑

心の癒し方① -日常の中で自分で叶えられる小さな幸せを味わう-

そういう訳で、直感と衝動に従いって、未来の事なんて白紙の状態で、
占い館を飛び出して様々なしがらみを無くして、ひたすら心が望むままに過ごした事で、

ずっと置いてけぼりになっていた、さかのぼると幼少期からの自分の本心が分かって、
心に抱えていた焦燥感しょうそうかん虚無感きょむかん、強烈な怒りや悲しみ等の負の感情、

つまりトラウマ(スピリチュアル的に言うなら潜在意識や魂の傷)をやっと消化して、
逆にそれらの感情や経験を知恵として、昇華する事が出来ました。


では具体的にどうやって、消化=昇華していったのかと言うと…。
いつかやろうと思っていた大量のCDの音楽を、
パソコンでウォークマンに地道に入れて、
曲順にこだわってプレイリストの編集や整理をしたり…。

作業スペースをより効率的に使える様に模様替えをしたり、
ついでに布団カバーとシーツを好きな色の緑にしたり、衣替えしたり…。

散歩道の石垣に咲いていた花


実家の愛犬ベルの散歩でいつも通る道で、
いつもは気付かなかった石垣の花が、
ふと綺麗きれいに見えたので写真を撮ってみたり…。

大人買いしたボディピアスと、収納箱


ずっと前から欲しかったボディピアスを大人買いして、
ボディピアスやアクセサリーの収納の仕方にこだわってみたり…。

地元駅周辺にある隠れ家的なカフェで注文した野菜クリームパスタ
地元駅周辺にある隠れ家的なカフェで注文したチョコレートケーキとコーヒー


時々、一人でふらっと立ち寄る地元駅周辺にある隠れ家的なカフェで、
いつもはランチだけ注文して食べたらすぐ帰るけれど、
たまには好きなチョコレートケーキとコーヒーも注文して、ゆっくり過ごしてみたり…。


こんな感じで、一見すると特別な事は何一つない普通の事ですが、
こういう些細ささいな日常こそ出来る範囲で、
ちょっとした自分のこだわりを追及したり、

小さな我儘わがままや願望を一つ一つ丁寧ていねいに、
結果に捕らわれずに自己肯定と満足感を軸に、

叶え続ける行動を意識的に自力でする=自分で自分を幸せにする事で、
自分で心のトラウマや魂の傷といったものを癒す事は出来ると私は思います。

心の癒し方② -気付いた時に他者に求めていたものも自分で得られる-

そして、他者にして欲しかった事や求めていたものも同じで、
それに気付いた時点で他者を頼らなくても、

すでに自分で望みを叶えられる環境だったり、
解決策が得られる状況になっている場合は多いです。


分かりやすく今回の私のケースで例えるなら…

「家でゆっくり家族と過ごしたい」と願っていたのは幼少期の私でした。
しかし、当時の私は子供ゆえに自分の複雑な感情に気付けなかったり、
分かったとしても両親の都合で望みを叶えられる環境ではありませんでした。

しかし、大人になった今の私なら、生まれ育った家族がいる実家に住むか、
パートナーを得て自分の家族を作るか、一人暮らしをするかの選択は出来るし、
生まれ育った家族にしろ自分で作った家族にしろ、時間とお金の余裕を作れば、
「家でゆっくり家族と過ごす」という願いを叶える事は出来ます。

…この様に、他者に求めたものや得たかった感情に対しても、
自力でそれを満たす行動を取る事は出来ます。


私の場合は気付くこと自体が遅過ぎたものの、
集中的に気が済むまでのんびり過ごして休みを多く取り、
上記の自分を癒す行動を取り続けた事で、最近になってやっと、
心のエネルギー(=霊力であり運勢・運命を動かす原動力でもある)が、
少しづつですが復活してきました!


もし、このブログ記事を読んでいる方で、
私と同じ様な経験や似た様な感情を抱いてトラウマが出来てしまっていたり、
心が傷ついて疲れ果てている方は、試してみると良いかも知れません(^^)

それでは、今日はこの辺で♪

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました