占い師 弥々的ツインソウルと出会う意味【運命を知り、動かす為に出会う人 】

この記事は約4分で読めます。

※この記事は2017年に書いた過去記事を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師・お守り装身具作家の弥々です。

今日は「人生の転換・分岐点で出会う人は縁や因果が濃くて強い人」の記事に出てきた、
ツインソウルというスピリチュアルな関係性についての補足…と言うより、
占い師・スピリチュアリストとして私自身の人生・鑑定経験から得た、
ツインソウルについての捉え方を説明しておこうと思い、長々と書かせて頂きました。

…まあ、ツインソウルという存在自体がなかなか難解な概念なので一概には言えませんが、
ここ近年の占い・スピリチュアルブームに便乗したツインソウル商法に対して、
疑問や違和感を感じた方には共感して頂ける内容なのではないかと思います。


以下の内容は、あくまでも現段階での私自身の捉え方や解釈なので、
今後また改めて経験したり分かった事があれば、また書かせて頂きますので、
その点は何卒よろしくお願い致します!

ツインソウル概念自体は、すでに役目を終えている

夕暮れの海辺で手を引っ張るカップル


まず、私としてはちまたのツインソウルの概念については、半信半疑の立場…と言うよりも、
もう今の時代ではツインソウルという概念自体が役目を終えているのではないかと思ってます。

そもそも私的には、ツインソウルという概念なんて吹っ飛ばして、
独りで居ようが誰と居ようが、自分が腹の底=魂で感じるものや相手を信じて愛せて、
己の人生も充実していれば、それで良し!

むしろ、そうなる為の、真の自分自身の人生を生きれる様になる為のツインソウルであり、
人によっては過度なスピリチュアル概念から解放される為のツインソウルでもあり、
必ずしも統合=結婚や結ばれる事がメインではないのが真のツインソウルだと私は思うのです。

愛=自分の道を知り、幸せが何かを学び、その先に辿り着く信じる力

朝焼けの中で見つめ合い抱き合うカップル


私達人間は愛する人への気持ちを表現する際に、交際や結婚という形に囚われがちですが…。

本来は愛というものに形はなく、
好きな人との関係や仕事や趣味などの「情熱を抱くもの」を通して、

自分の人生をどう生きたいか=自分の運命を知り、
自分にとっての幸せ=愛とは何かを学び、
そして自分の中=潜在意識や魂で、
感じる光=夢や希望、未来への想いや祈りをあらわす事が出来ると、
強く信じる事そのものが「愛」なのではないかと、私はそう思うのです。


ツインソウルとは自分の運命を知り、大きく動かす為に出会う人

夕日の中で喜び抱き合うカップル


そもそも、「結ばれる為に生まれてきた人」という、
そんな狭く限定的な存在など、この世にはいないのではないでしょうか?

なぜなら、運勢・運命は大なり小なり自ら切り開いたり創れるもので、
その結果、未来は常に移り変わり、おのずと誰と結ばれるかの選択肢も、
辿り着く未来(所謂いわゆるパラレルワールド)によって変わるからです。


そんな、この世のことわりの中での、ツインソウルの存在意義は、
「自分の命を運ぶ道=運命を知り、大きく動かす為に出会う人」であって、
結婚とか結ばれるかなどの物理的な事柄は、その時々にする必要があるかどうか
(=過去世からの因果や今世での出来事=カルマ)次第なのではないかと、
様々な形のツインソウルな人達を見てきて、私はそう思うのです。

真のツインソウルは限定的な時空間に囚われる関係性ではない

星空の下で抱き合うカップル


それにツインソウルは心が通い合う存在同士な訳で、人生において一緒に居ようが居まいが、
心(意識や精神)は時空間、つまりパラレルワールドを越えて
(物理的な場所はもちろん、過去現在未来という時間軸も越えて)繋がりを感じ、
大なり小なりエネルギーが干渉し合う間柄な訳でありまして…。

そんな感じで、私的には…。

昨今のツインソウル概念でよく言われている、結婚とか結ばれるなどの、
「狭くて限定的で時空間に囚われる関係性」を強調している事に疑問
を感じてしまいます;

ツインソウル概念は難解なので捉え方が異なる事は、よくある事

Yaya Waterdrop Tarot fortune telling アイコン画像〔占い道具〕
占い師 弥々の鑑定メニューはこちら


長々と書いてしまいましたが、こんな感じでツインソウルは解釈が難解な概念なので、
各占い師やスピリチュアルカウンセラーによって捉え方が異なる事は、よくある事です。

ですので、このブログを見てる方で恋愛やツインソウル系のご相談事がある方は、
結婚ばかりに価値観が片寄っていない、ニュートラルな視点で鑑定が出来る、
そんな実力派な占い師・スピリチュアルカウンセラーに相談されると良いと思います。

まあ、とにかく恋する方々に忘れないで頂きたいのはッ…!

恋する人々に、私が伝えたい事

山頂で朝日に向かってハートを作る手


「恋(情熱)とは、好きなものを通して、
自分自身(魅力や才能、自分にとっての幸せや信念)を知る事であり、
愛とは、自分の中(魂)で感じる光(叶えたい夢や希望、未来への想いや祈り)が、
『いつ如何なる時も常に自分と共に在る』と信じる事である」


それでは今日はこの辺で♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました