銀粘土で指輪作り体験と、仕事でのトラウマ

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、占い師の弥々です。
3月になったけれど相変わらず冬なんだか春なんだか分からない気候が続き、そんな天気の影響なのか私の身の回りもバタバタして、ため息を吐きたくなる気分な今日この頃です(^^;)

占いやスピリチュアルの世界(気学や西洋占星術など)では、2月~3月は新年を迎える時期なので、現実世界・精神世界共に様々な変化が起こりやすいみたいです。…そんな感じで私も色々な面で揺さぶりをかけらてる感じです;


さて…話は変わりまして。
3月9日(偶然にも魚座日食の日)に銀粘土の指輪作り体験へ行ってきました!
かなり前から興味はあったのですが、道具を揃えるのが難しくて銀粘土は避けてきたのですが…。いつかは自分の手で本格的な天然石のお守りジュエリーを作りたいとは思っているので、とりあえず銀粘土体験をしてみようと思い、近場の町田駅付近の工房へ行ってきました。体験コースは約2時間半なので、シンプルなピンクトルマリンの指輪を制作!

銀粘土の指輪作り体験で制作したピンクトルマリンの指輪


…正直言って、実際に体験で指輪を作るまでは「粘土で形作りするだけだから簡単でしょ!」と舐めていたと言うか、高を括ってたのですが…。いざ作ってみると、綺麗な円の形や凸凹無く形を整えるのが以外と難しかったです;
しかも、最初に張り切り過ぎたせいか、粘土を乾かさない様に湿らせながら形を整えていく際に、逆に湿らせ過ぎて粘土がビチャビチャになってしまい…始めから作り直すはめに;

実は私、「初めてやる作業は高確率で失敗する」という、厄介なお決まりパターンがありまして…。今回も見事にそれが発動してしまいました(^^;)
まあ、完成した指輪は程好い出来だったので、失敗したのも良い思い出です。ただ…今回の体験で自分には銀粘土はあまり向かない気がしました。笑


ちなみに、私が物作りが好きで得意なのは、他界した母方の祖父の影響かも知れません。
祖父は塗装業を生業としてましたが、手先が器用な人だったので一人で家や家具を作ったり、水道工事みたい事もやっていたらしいです。
ついでに言うと…趣味で狩猟をやったり、その一貫で猟犬等の動物も育てたり、山の洞窟で紫水晶を取って来ちゃったり…。かなりアクティブと言うか、破天荒な頑固一徹、職人おじいちゃんでした。笑
そんな祖父に私も少し憧れており、「いつか祖父の様な物作りの魔術師に私もなれたらいいな!」と思うので、何かしらの物作りの技術を身に付ける為に、こうして試行錯誤している次第です。

新宿の占い館のお客様から頂いたチョコレートのお菓子
新宿の占い館のお客様から頂いたクッキーのお菓子


上の写真は占い舘のお客様様から頂いた、私の好物であるチョコレートとクッキーです♪
そう言えば最近、勤め先の仕事もちょっと悩んでおりまして…。あまり詳細は言えないのですが要約すると「もっとシフト入って稼いでくれ」と、オーナー自ら期待(と言う名の圧力?)を(気にし過ぎなのかも知れないですが…)かけられていまして…。

有り難いし嬉しい事なのですが…。正直に言いますと私、今、自信が無いのです;

体調と精神面はとくに自信がなくて、去年の夏に公私含めてしんどい事が重なり、一時的に酷い鬱症状が再発しまして…。そこからお店のシフトは減らしたけれど、収入や占い鑑定の精度は維持させながら身心をしっかり休ませて、割りと短期間で日常生活に支障がない状態にまで回復させて、今に至っているわけで…。
快調な時は全く大丈夫ですが、自分が心細い時や本当に弱っている時に、色んな人の悩みに応える自信が無いですし…何より、うつ病の時の様に廃人状態になるのが怖いのです;
まあ、そこまで極限状態になるのは稀ですが、情けない話、私の中では少しトラウマになってしまっているのです;

なので、今年は仕事はそこそこ頑張って(館内の私の人気もそこそこな感じっぽいし)趣味やプライベートを充実させながら、いつかは占いと物作りで自営業出来る様に知識や技術をじっくり磨く時間にしよう!と思ってた矢先だったので…。
しかし、そう言いながら私自身も「こんな弱音を吐いていたら、自営なんか出来るわけない!」とも思うので…また勤め先の館で一から自分を鍛え直すのも必要なのかな、と揺さぶりをかけられてる今日この頃です(^^;)

うーん…色々悩みますが、とりあえず今日はこの辺で♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました