アロマの香りで健康魔術♪【人の精神を意図した方向へ変化させる古来の魔術の一つ】

この記事は約5分で読めます。

※この記事は2015年に旧アメブロで執筆した内容を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師の弥々です。
最近、大事な癒しアイテムであるアロマ加湿器が壊れてしまったので、
思い切ってアロマデュフューザーに買い替えてみました(^^)

アロマ雑貨店員の妹に勧められたアロマオイルとデュフューザー

ピンクのアロマデュフューザーと、 ベンゾイン・ラベンダー・スイートメモリーのアロマオイル


こちらのピンクのアロマデュフューザーは、妹三女が勤めるアロマ雑貨店で購入しました。
私はアロマについては全然詳しくないので、店員でもある妹のチョイスに任せて、
アロマデュフューザーとオイルを買って来てもらいました。


早速、買って来てもらったアロマオイルを見てみると…。
「ベンゾイン」、「ラベンダー」、「スイートメモリー」といったフローラル系や、
甘めな香りで精神安定・リラックス・心の傷の治癒など、癒し効果がある精油ばかり。

なんでも妹いわく私は…

「仕事柄とはいえ、ヤヤは人の悩み相談に乗り過ぎだし、
人に共感し過ぎて精神的にバランスをたまに崩すから、こういうオイルが良いよ」

…との事で、癒し効果たっぷりなチョイスになったらしい。笑

うつ病経験からアロマについて思う事

もともとアロマは、病気や外傷の治療、病気予防、リラクゼーション、
心身の健康、ストレス解消などを目的とした、昔からある民間療法の一つです。

昔からある民間療法というだけあって、本当に心身の健康維持に使えそうです♪

…実は私、数年前までうつ病治療の為、精神安定剤や睡眠薬を服用していました。
もしも通院して服薬していた当時に、アロマの存在を知って使っていれば…
もっと早くに服薬を止めれて、うつ病の症状も改善されていたのではないかと思います。


10代でうつ病を経験したからこそ思う、うつ病治療で本当に必要な事

どんな薬も大なり小なり副作用はあり、精神安定剤や睡眠薬といった薬も、
常に頭がボーっとする、眠気が付きまとう、怠いといった副作用が私はありました。

「うつ病」という脳の神経に影響が出る病気の特性上、
脳の過剰な働きを抑制する為に、薬でそれらを抑えて、
脳を休ませる必要があるのは理解していましたが…。

常に起きているんだか眠っているんだか、よく分からない様な身体の状態は、
満足に働く事も出来なかったりで、やはり心地の良いものではなかったです;

そんな実体験からしても、下記の様に脳に影響を及ぼす作用が同じならば、
大なり小なり体内に成分が残る薬よりかは、人体に影響が少ない、
アロマオイル等の香りの作用の方が、私は健康的だと思うしオススメです。

そして何より、安易に病院に行って服薬するよりも前に、
まずは「心=感情」と「脳=精神」を周囲を気にする事なく気兼ねなく、
ゆっくり好きなだけ本人が休める時間を作れる環境がある事が、
うつ病治療では最も大事だと、うつ病経験者の私はそう思います。


アロマは古来から伝わる魔術の一つ

魔術的観点やスピリチュアル的な観点から見てみても、
病気などの治療で大事なのは、薬が直接人体に与える作用もですが、

精神的作用からくる自己治癒能力が重要で、
香りは鼻を通して脳(意識)に伝わり、
それが刺激となって感情や精神等の心に影響を与える為、


治癒を意図した香りを作って嗅ぐ事により、
潜在意識レベルで自己治癒能力を底上げする事が出来るという訳なのです。


そういう訳で…。

アロマ等の香りは、人の意識や精神状態を意図した方向へ変化させる、
古くから伝わる魔術の一つでもあります。


それでは、今日はこの辺で♪

コメント

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました