霊感・霊視・チャネリングとは【霊視編】

この記事は約3分で読めます。

※この記事は2015年に旧アメブロで執筆した内容を加筆修正した記事です。


こんにちは、占い師の弥々です。
今日は私が鑑定で使用してる占術の霊感・霊視・チャネリングについて、
私なりの価値観で説明してみたいと思います。



実はお客様からも鑑定中によく、
「霊感・霊視・チャネリングって何?」というご質問を頂く事が、結構あります。
…正直に言って、精神世界の事は人により感じ方や考え方が異なる為、
ここで私が明確に断言するつもりは御座いません。

しかし、私が学んだり経験して得た知識の範囲内で宜しければ、
スピリチュアル能力の中で代表的な霊感・霊視・チャネリングについて、
細かくなりますがつづってみたいと思います。


…それでは前回に引き続き、今回は「霊視」についてです!

Yaya Waterdrop Tarot fortune telling アイコン画像〔占い鑑定〕
プロ占い師 弥々が経験的に思う「霊視」とは

霊視とは霊感で感じ取った人の心や霊的存在・物事が視覚的に見える感覚や能力。
霊感が発達した感覚や能力といったもので、感じ取った物事をそのままイメージする事で、
霊視力は鍛えられると私は思っています。


霊視の視え方には大体、2パターンあります。
1つ目は肉眼で視えるタイプ。2つ目は脳内で視えるタイプ。

1つ目の肉眼タイプは、実は脳内タイプと同じで実際は脳で見ているのですが、
「肉眼で見ている」という錯覚を脳が起こす事で、
そう見えているのだと(肉眼タイプの先生から聞いた話も含めて)私は思っています。


肉眼タイプの弱点は、文字通り肉眼を通して視てしまうので人によっては、
浮遊霊や人に化けている存在(精霊・妖怪・滅多にいないけど神霊等)を、
生きている人間と間違えて視たり、人の心の状態がそのまま視える為、
(例:普通の人には笑顔に見えても、自分には怒った表情にしか見えない等)

世間一般の常識に則った“物理的な面”での日常生活を送るには
(嘘つき呼ばわりされる等で)支障が出やすいタイプです。


2つ目の脳内タイプは、文字通り脳内で人の心の状態や霊的存在などが視えるタイプです。
例えば、普通の人には何もいない部屋に見えても自分には、
「部屋の片隅に女の人がいる」イメージが頭の中に出てくる、といった風な視え方です。


肉眼タイプと比べれば「これは自分の頭の中に出てきたイメージだ」という認識で、
浮遊霊や人に化けている存在(精霊・妖怪・滅多にいないけど神霊等)を視ているので、
何かと分別はつきやすいです。

しかし、脳内タイプの弱点は視えたものが自分の妄想なのか、
本当に存在しているものなのかが判別しづらく、
肉眼タイプと比べると、視るだけではなく判別する為にも脳を使う為、
精神消耗しやすいのが難点です。

言い換えると…。

脳が常に色んな情報(霊的存在や空間に漂う波動、人の感情や意識等)を受信してしまい、
おのずと自分の意識もそちらに向いてしまい、考えなくてもいい事を気にしてしまうので、

世間一般の常識に則った“精神的な面”での日常生活を送るには、
(神経質で傷付きやすい等で)支障が出やすいタイプです。

霊視の視え方については肉眼タイプ・脳内タイプ共に厳密に言うと、
どちらも霊体で霊視している、と私は捉えています。

しかし、肉体を持っている私達人間の一般的な感覚からすると、
霊的情報は脳を媒体にして伝わりやすいので、ここでは分かりやすさ重視で、
「肉眼タイプ」と「脳内タイプ」という表記で説明しました。


次へ→

____________________________________________________________________________

ランキングサイトに参加中。よかったら押して見て下さい。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ファッションブログ ピアス・ボディピアスへ

日々の生活の足しの為、アフィリエイトも挑戦中。お買い物にどうぞ。


____________________________________________________________________________

┗ スピリチュアル ┗ 占い ┗ 過去記事〔2015年〕 占い・魔術・スピリチュアル 過去記事
Yaya Waterdrop タロット占いとお守り装身具|占い師・お守り装身具作家 弥々のサイト

コメント

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました