最近のボディピアスLife【ボディピアスはお守りで身体の一部】

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、占い師・お守り装身具作家の弥々です。

一昨日の台風は凄まじくうるさい雨風で夜は眠れず、
翌日の昨日はアホみたいに蒸し返す暑さで昼寝が出来なくて、寝不足気味な本日です。笑

しかし幸いにも私が住んでいるエリアは何の被害もなく、
相変わらずいたって平和でのんびりした町なので、そこは本当に良かったです。

というわけで…。

そんな平和でのんびりした町の何の変哲へんてつもない、
庶民しょみんの味方100均でピアスの装着・管理・手入れに役立つ以外なアイテムを入手しました♪

100均で買ったピアスの装着・管理・手入れに役立つ「ファンデーションケース」


ご覧の通り、100均(キャンドゥ)でよく見掛けるファンデーションケースです。
本当はお手製のメイクパレットケースを買い換える為に買ったのですが、
手持ちの化粧道具が入り切らず、どうしたものか…と悩んでいたところ、
上の写真の様な使い方をひらめきまして…!

このファンデーションケースなら鏡が付いているので、
わざわざ手鏡を出さずにピアスの着け外しがどこでも出来るし、
小さいピアスなら何個か入れて持ち運べるし、
軽く洗浄したい時は左側にピアスを並べて一気に消毒液を吹き掛け、
乾かす時は穴が空いている右側に置けば乾かしやすい!


…こんな感じで100均のファンデーションケースは以外にもボディピアスLifeを送る上で、
大変便利なアイテムだという事に今さら気付いた今日この頃です。笑


あと、そうそう、これ以外にも最近、ボディピアスLifeで変えたのが…

ガラスプラグはガラスのリングケースに収納、シリコンプラグはキラキラのピルケースに収納


…プラグ系ピアスの入れ物も変えてみました~。
ガラスのリングケースの入れ物が可愛くて捨てるのが勿体なかったので、
何かに再利用出来ないものかと思っていたら、またまたひらめいて…!

手持ちのガラス系プラグ全てを入れてみたら…ジャストサイズで大満足!
シリコン系アイレットは、うつ病時代に薬入れとして使っていたキラキラのピルケースに収納!
こちらもジャストサイズで大満足♪


ちなみに肌色のシリコンプラグは、先月購入したカオスソフトウェアのピアスです。


こちらのプラグは冠婚葬祭など、ピアスを装着するのが好ましくない場面でも、
ラージサイズのピアスホールを縮めずに隠せる
というよりかは、穴が空いてない様にカモフラージュ出来る優れたプラグなのです!

上の画像を見れば分かる通り、同じ肌色でも3色あり、自分の肌色に合わせて選びやすい品揃しなぞろ

私は色白なので一番薄いカラーを購入しました。
さすがに至近距離で見ればピアスだと分かってしまいますが、
遠くから見たり、耳元が髪で少し隠れていれば、ピアスを着けているとは全く分からないです♪
数年前からずっと欲しくて、最近やっと購入出来て満足です(^v^)


この肌色シリコンプラグはボディピアス生活をする上で欠かせないアイテムだと私は思います!
ボディピアス愛好家なら分かると思いますが…。
痛みと時間とお金と労力をかけて空けたピアスホールは、そう簡単に閉じたくはないですよね。笑

だけど、何らかの事情でボディピアスを着けてはいけない場面って、
(と特に日本ではそういわれている)まだまだあるじゃないですか。

でも…。

私にとってボディピアスはもはや身体の一部であって、
お守りでも在って、アイデンティティでもあるので、
「着けちゃダメ!」と言われると、自分の存在を否定されている様で凄く心が苦しいんですよね。

もちろん、仕事でピアスを含めたアクセサリーを装着してると衛生管理上で問題があるとか、
大量のピアスを装着し過ぎて多くの人に強い不快感や恐怖心を与えてしまう等は、
逆にこちら側が適度に自重した方が良いと私も思いますが(^_^;)

しかし、もう今の時代では、例えラージホールでも耳に2つ着ける程度は、
許容するのが普通という時代になっても良いのではないでしょうかね~。

…と、ちょっと話が脱線してしまいましたが。笑

そんな感じで私の様にラージホールで、
何らかの事情でボディピアスを着けられないけど、ピアスホールは閉じん!
という反骨精神をお持ちの方には必須アイテムになるのでオススメです♪

それでは、今日はこの辺で♪

コメント

注意事項

●マナーや節度を守り、ご自身の発言に責任を持って投稿して頂きます様、お願い致します。
●各コメント欄へ投稿された時点で、当サイトの利用規約に同意したと見なします。
●同意頂けない場合は誠に申し訳御座いませんが、コメント投稿はお控え下さいませ。
●各コメント内容は当サイトおよび当方のSNSで引用または記載する場合が御座います。
●ご質問はお問い合わせフォームからして頂きます様お願い致します。
●コメント返信は遅めかも知れません。期待せずに気長にお待ち頂けますと幸いです。
●当サイトはブログ主の「自己表現」を目的として運営・執筆しています。
●コメントおよびコメント欄がある事で当方に支障が出る等、当サイトにそぐわない内容と判断した場合は非表示および削除する場合もありますが、何卒ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました